ちょっと変わった腋臭対策…ほんとに効くの?それアリ?

自分が腋臭であることに気付いたのは中学生の時でした。

 

それまで体育や部活で汗をかくと自分から臭いにおいがするとは感じていました。

 

中学に入り、体を動かすことが好きな私は体操服のわきの部分がどんどん黄色くなっていくのに気が付きました。

 

父親が腋臭であるため遺伝ですが、気付いた時は自分だけなぜという思いと恥ずかしさで物凄くショックだったことを覚えています。

 

その当時自分が出来る範囲でやれることと言えば、こまめに汗を拭うことと制汗スプレーを欠かさないことでした。

 

ですが長年いろんな制汗スプレーを試してきて思ったことは、スプレーの香りと自分の汗の臭いが混ざってしまい防げないということ!

 

ロールオンタイプやスプレー、汗ふきシートなど様々な商品を試してきましたが、やはり腋臭の臭いはそう防げるものではないと感じていました。

 

洋服の下に着るキャミソールやタンクトップでわきの部分に生地が付いているものを揃えたり、汗わきパッドを使用したり。

 

そんな風に腋臭とうまく付き合いながら生活することを試行錯誤して25歳を迎えた一昨年に転機はきました…!

 

常時汗ふきシートは持ち歩いていますが、あるとき一緒に出かけた友人がウェットティッシュを常に鞄へ忍ばせているのを知り、女子力が高いと感心して自分も持ち歩くようになりました。

 

実際に少し遠出するときやドライブに行くときなど、乾いたティッシュとはまた違うありがたみを感じるようになりました。

 

それから夏のある日に私が汗ふきシートを忘れてしまった際、どうしても汗で脇が気持ち悪いときに仕方がないのでウェットティッシュで試しに代用してみたところ…これが大正解でした!

 

アルコール入りのウェットティッシュだったためヒリヒリしないかなとも思いましたが、その時はそうも言ってられず普段通りごしごし拭きました。

 

拭いたところを嗅いでみるとすこーし汗の臭いを感じないこともなかったですが、全然気にならない!むしろ香り付きや無香料のシートより臭いが抑えられてるとビックリしたのを覚えています。

 

それからは汗ふきシートでなくウェットティッシュを鞄と家に常備するようになりました。

 

私にはこれがたまたま合っただけなのかもしれませんし、他の腋臭の方に合うかも分かりません。

 

ですがインナーと汗脇パッドとあわせて、私は今後もウェットティッシュを使用していきます。