人間関係を築くこともできなかった

私は高校生の頃から、自分がわきがなのでは?と思っていました。

 

それは、自分の着るシャツの脇部分に黄色いしみのような物が出来るようになったからです。

 

幸い、いじめられたり、距離を置かれる様な事はありませんでした。

 

思い切って仲の良い友人に聞いたところ、「言いにくいけど、わきがやと思うよ」と言われました。

 

友人にとっても、答えにくい事だったとは思います。

 

しかし、はっきりと他人からわきがだと言われたショックはかり大きかったです。

 

それからと言うもの、人一倍臭いに対して気にするようになりました。

 

デオドラントシートや消臭スプレーを常に持ち歩き、ちょっと汗をかいたりすると、ケアするようにしました。

 

友人たちには、少しましになったかな。と言われました。

 

そして、高校を卒業し、大学に行き始めたのですが、なかなか人と打ち解ける事ができませんでした。

 

高校の頃の友人もおらず、1から人間関係を築いていかなければなりません。

 

しかし、大学と言うのは自分の選んだ講義のなかで気の合う人を見つければいいのですが、私は距離を置かれるようになってしまいました。

 

なかなか周りと打ち解ける事が出来ず、どうしようかと考えていました。

 

そんなある日、講義が始まる前。

 

教室で男女が集まったグループが話をしていました。

 

その講義は小さな教室で行われていた為、私はそのグループの後ろに座りました。

 

すると突然そのグループのある女の子が私の方を振り向き、「臭いから離れて」と言ってきました。

 

私はすぐに席を立ち教室から出ていきました。

 

色々と悩んで、臭いを気にし、ケアもしていたのに。

 

そんな自分が本当にイヤになりました。

 

周りの人に迷惑をかけている事も分かっているし、何とかして治さないといけない事も分かっています。

 

しかし、だからといってそんなにキツく冷たくされなければいけないのか・・・。

 

と思いました。

 

結局それから私はその講義を受ける事も出来ず、履修科目の単位を落とす事になりました。

 

大学やその付近でそのグループを見かけると無意識に避けたり、別の道に逃げるようになってしまいました。